作業員

マンション管理者必見|大規模修繕工事業者の選び方を紹介

大規模改修を実施する

男の人

専門家によるサポート

マンションは一定期間でメンテナンスを実施しなければなりません。こまごまとした修繕も必要ですが、10年から15年程度の一度は大規模な改修が必要です。マンションの大規模改修は数千万円規模になるため、管理組合での発注は慎重に行う必要があります。そのため、専門家によるサポートを受けながら進めるのが一般的です。例えば、設計管理会社に委託することでマンションの診断から工事の施工管理まで行ってもらうことができるので、品質の高い大規模改修工事を実施することができます。設計管理の会社は、設計事務所などが請け負うことが多いです。マンションの大規模改修工事全体を見てくれますし、工事における様々な相談に乗ってもらうことができます。当然、設計管理を委託するための費用が必要になりますが、設計管理を行ってもらうことで請負工事費を抑える効果が期待できますので、結果的には工事費を安くすることができる場合も少なくありません。設計管理会社が行ってくれる業務は、基本的には大規模改修の設計と大規模改修工事の施工管理です。しかし、委託内容によっては現状診断調査や施工会社の選定作業なども手伝ってもらうことが可能です。専門家ですから様々な視点から仕様書をチェックしてもらうことができますし、実際の施工が仕様書と異なっている場合には、そのチェックもできます。自分たちの住んでいるマンションを工事してもらうわけですから、業者に任せきりではなく第三者の目でチェックしてもらうことは非常に重要です。