模型を調べる人

マンション管理者必見|大規模修繕工事業者の選び方を紹介

マンションの計画的な修繕

マンションの大規模修繕を行うときの流れは、工事を理事会だけで対応するのは難しいため、修繕委員会を立ち上げることから始めます。大規模修繕を早急に行う必要があるか調べるために建物の調査診断を行い、その結果から修繕を行う工事の内容や範囲を決めます。

管理会社に任せるメリット

マンションの大規模修繕は、管理会社に任せるとマンションの現状を熟知しているので、住人や理事会の負担が少なくなります。見積もり時のチェックと説明を受けることと相場価格を知っておけば管理会社に任せるのは良い方法です。

大規模改修を実施する

マンションの大規模改修を行う場合、設計管理会社を依頼しておけば、第三者の目から大規模改修工事をチェックしてもらうことができます。大規模改修の設計や工事の施工管理だけでなく、マンションの診断や業者選定の手伝いもしてもらえます。

集合住宅の大規模な修繕

作業員

業者の探し方

古くなったマンションは長期的な計画に沿って大規模修繕を行う必要があり、修繕を行うときには業者を選ぶ事になります。マンションの大規模修繕を行っている会社は、3種類に分かれているため、それぞれの特徴を把握して修繕するのに相応しい会社を選びましょう。マンションの管理会社に大規模修繕を依頼するメリットは、日常点検や小規模な修繕を日頃から行っているため、建物の状態をよく把握している事です。ただしマンションの管理会社は建物の管理を主な業務としているため、大規模修繕を行うときには、提携している施工会社に依頼するケースが多いです。総合建設業のゼネコンにマンションの大規模修繕を依頼するメリットは、新築のマンションを多く手掛けているため、人材や技術がしっかりしています。またマンションの構造を熟知しているため、大規模修繕で建物の構造を修繕するときでも、安心して任せられます。マンションの大規模修繕を主な業務として行っている修繕専門会社は、建物を修繕する技術が高く、経験の豊富な職人を雇っています。修繕専門会社は全国展開している業者は少ないため、業者の対応エリアにマンションがないと利用する事はできません。どの種類の会社に依頼する場合でも、業者を選ぶときには経営状態に注目して、今後10年以上は安定して存続できる業者を選びましょう。マンションの大規模修繕は長期的に行われるため、施工してもらった業者と連絡が取れなくなる事態は、避けることがポイントです。